カテゴリー別アーカイブ: 自分でできる修理内容

トイレの修理

◎トイレの水漏れトラブル

≪タンクからの水漏れ≫

流していなくとも便器に水が流れている場合、タンクに原因がある場合がほとんどです。まずは元栓を止めてタンクのふたを開けてみましょう。

レバーとタンクの水をせき止める浮きゴムを繋ぐ鎖が外れていたり、パッキンが劣化していたり、内部にゴミが溜まってそこから水漏れが生じていたりと、原因は様々です。 しかし、タンクの構造はとても単純なので、ホームセンターで部品を手に入れて自分で修理することは比較的簡単です。
具体的な修理方法はこちらに記載しておりますので、参考になさって下さい。
自分で直す!トイレのつまり・水漏れ修理の方法

≪洗浄管接続部からの水漏れ≫

タンクと便器は、洗浄管と言う金属のパイプでつながっています。 この管の接続部のネジがゆるんだりパッキンが劣化すると、水漏れがおきます。 トイレットペーパを巻いてみて、どこから漏れているか確認しましょう。

≪ウォシュレットからの水漏れ≫

温水便座本体か接続配管からの水漏れが疑われます。 接続部分のパッキンの劣化なら自力で直すことは可能です(電源を必ず抜いて作業しましょう)。 家電製品を素人が扱うのは危険ですので、メーカーの保証期間内ならば、メーカーに依頼した方が安全・安心です。
ウォシュレットは電化製品なので、水に弱い面がありますので、自分で修理するときは気をつけて下さいね。

≪便器や床下からの水漏れ≫

便器が割れていて床に水が染み出してくる場合、少々の割れなら自力で直すことは可能です。 しかし、あまりひどい割れの場合は、新しい便器を設置しなければなりません。

他に考えれるのは、便器の結露や排水フランジ部分の水漏れです。 排水フランジの漏れは、パッキンの経年劣化などにより起きます。 この場合は、専門業者にて対処してもらうしかありません。

◎トイレの詰まり

≪トイレットペーパーの詰まり≫

水洗トイレの詰まりの大半は、トイレットペーパーを一度に流し過ぎたことによって起きます。 ほとんどの場合は、ラバーカップ(スッポン)ですぐに対処することができます。
それ以外に多いのは、トイレットペーパー以外の異物を入れてしまった場合が多いです。子供のおもちゃだったり、水溶性じゃない紙類ですね。
これらも、多くはラバーカップで直ってしまうことが殆どですので、用意しておいと良いでしょう。
ラバーカップはホームセンターや100円ショップに売っています。

ラバーカップがないお宅で夜中にトイレが詰まったら、翌朝まで待ってからバケツの水を流してみましょう。 トイレットペーパーは水に溶けるので、時間が経つと流れる場合があります。

急ぐなら、手を突っ込んで詰まりを取るという最終手段もあります。 最終手段は出来れば避けたいですが、そうならないように、トイレットペーパーを多く流す時は、何度かに分けて流すと、トイレが詰まる心配はなくなります。

≪大事なものを便器に落とした≫

用を足した後、パンツのポケットに入れておいた携帯電話や財布を便器に落としてしまった、というケースは良くあることです。 ”大事なものは、意を決して手を入れて拾う”場合もあるでしょうが、泣く泣く諦めて流してしまうという場合もあるのではないでしょうか?

しかし、トイレに汚物とトイレットペーパー以外は流すべきではありません。 ボールペンや普通のティッシュペーパーでさえ、配管の途中で詰まってしまい、結局業者を呼んで対処しなければいけなくなる恐れもあるのです。

たとえ小さなイヤリングであっても、どうにかして拾うことが、その後の事故を防ぐことになるのです。

◎トイレの悪臭

≪便器の水が蒸発して(水位が低下して)の悪臭≫

本来、トイレの便器に水が溜まっていること(便器トラップ)により、配管の内部の悪臭が室内に漏れてこないことになっています。

しかし、長い間使っていないトイレは、便器の水が蒸発してしまい、配管の臭いが部屋に入ってきてしまいます。 また、完全に流れずにトイレットペーパーが便器のカーブにあった場合、便器の水を配管内部に汲み上げてしまい、便器の水が無くなって、配管内部の臭いが漏れてきてしまいます。 1階と2階の両方にトイレがある場合などでは、1階のトイレを流すと、使っていない2階のトイレのトラップ内の水が引っ張られて、水位が下がることがあります(破封)。

いずれの場合も、便器に水を溜めれば臭いは解消されます。

≪便器と床の設置面からの悪臭≫

便器と床を接続している設置面には、粘土状のパッキンで隙間なく密封されています。 新築の場合は、業者にやり直してもらった方が良いです。

年数が経ったお宅の場合、パッキンが乾燥して隙間ができている可能性があります。 また、床と便器の隙間には、少しの水分であっても、毛細管現象により、内部に浸み込んで行ってしまいます。

男性が立小便をした場合、この隙間に小便が入り込んで悪臭がします。 座っている場合であっても、便座と便器の隙間から漏れだし(男性の場合に多い)、少しずづ染み込む場合があります。

新しくパッキンで塞いで、臭いが漏れないようにしましょう。

◎突然のトラブルに備える

1.止水栓の締め方を確認しておく

水漏れが生じた場合、そのままにしておくと、どんどん水道料金が高くなってしまいます。 止水栓を閉めてしまえば、それ以上水が流れる(漏れる)心配はなくなります。 また、修理する際も止水栓を閉めておこなうので、普段から閉め方を確認しておきましょう。

2.信頼できる業者を探しておく

夜中にトイレの水漏れトラブルに見舞われた場合、焦って業者に依頼してしまいがちです。 落ち着いていたら絶対に選ばない業者でも、焦っていると正確な判断が出来なくなり、結果高額な業者や悪徳業者につかまってしまう恐れもあるのです。

3.水漏れもカバーできる保険に加入しておく

あまり知られてはいませんが、水漏れトラブルは保険でカバーできます。

アパートなら大家さんに相談するか、加入が義務づけられた損害保険でカバーします。 マンションの共有部分なら管理組合が加入する保険で、専有部分なら加入が義務付けられた保険でカバーします。 一戸建てなら、施工会社やメーカーの保証期間内ならそちらへ、それ以外は火災保険でカバーします。

水漏れトラブルは、自然災害より頻繁に起こる可能性があります。 火災保険に加入する場合は、水漏れもカバーする保険に加入しましょう。

蛇口の修理

蛇口からの水漏れの場合、ホームセンターで部品を簡単に手に入れることができますし、素人でも比較的容易に修理することができます。 修理の方法を絵付きで説明したサイトや、修理しているところを紹介した動画もあるので、業者に依頼せず自分で修理する人は多くいます。

蛇口の水漏れや修理について知識を得ておき、突然のトラブルの場合でも落ち着いて対処できるようにしましょう。

◎蛇口から水漏れしていたら…

アパートなどの賃貸物件の場合→大家さんに連絡して対処法を相談する、 マンション・一戸建て等の新築物件なら→保証期間であれば施工業者やメーカーに確認する、 などです。

その他は水漏れの種類によって対処しましょう。 蛇口は、メーカーによっては製造が終了しているものもあるので、まったく同じタイプを付けれるとは限りませんが、規格が同じタイプのものは多く販売されているので、製造が終了しているものでも大丈夫です。

◎水漏れの種類

1.蛇口から漏れる

ハンドルの下から水漏れ→ナット下の三角パッキンの劣化、 パイプの付け根から水漏れ→水栓とナットを繋ぐナットの緩みかパッキンの劣化、 ハンドルを閉めても蛇口から水漏れする→蛇口内部のコマパッキンの摩耗です。

しかし、蛇口自体が古くなった場合、金属の摩耗で内部の部品を交換しても水漏れが直らない場合があります。 古い蛇口の場合は、部品の交換よりも蛇口を新しいものに変えたほうが、耐用年数も伸びますし安心です。

2.蛇口の付け根部分から漏れる

蛇口を壁に取り付けている部分は、水栓部分にシールを巻いて給水管にねじ込んでいますが、このシールが古くなると水漏れが生じてしまいます。 新たにシールテープを巻き直して取り付ける必要があります。

蛇口の付け根部分は、きちんと取り付けないと、水漏れだけでは済まずに蛇口ごと外れて、水が滝のようにあふれてしまう場合があります。 自信がない場合は、業者に依頼した方が、修理の手間と時間を節約できるだけではなく、きれいな仕上がりで確実に直しえもらえるので、修理後も安心して使えます。

≪作業に必要な道具≫

1.新しい蛇口や部品

2.シールテープ

3.水栓取外しレンチ

4.プラスドライバー

5.ピンセット

など…

◎自分で修理する時の注意点

≪止水栓を閉めて作業する≫

蛇口を修理する基本は、「必ず止水栓を閉めて作業すること」です。 キッチンやトイレの止水栓は近くにあることが多いですが、家じゅうの水道を止める止水栓を閉めれば、安心して作業することができます。

≪無理そうだと思ったら業者に依頼する≫

中途半端に修理すると、”夜中に部品が外れて家じゅう水浸し…”なんて大惨事になる恐れもあります。 修理に自信がないなら、ケチらずに業者に依頼したほうが、結局はその後も安心して長く使うことができます。