カテゴリー別アーカイブ: 起りやすいトラブル内容

排水口がつまる・悪臭がひどい

水道の蛇口がある場所には、必ず排水口があり排水管に繋がっています。 この排水管は、水道の給水管以上に、臭いや詰まりなどのトラブルが起きやすい設備です。

◎配管の詰まりの原因

脂汚れや石鹸カス・垢・皮脂汚れは、水で流すと配管の内側にこびり付きやすくなります。 →脂汚れを餌にして雑菌が繁殖する。 →ヌメリと臭いが発生する。 →ヌメリに髪の毛などの汚れが絡む。 →汚れに汚れが絡んでさらに広がっていく。 →配管の流れる部分が狭くなり、流れが悪くなる。

この配管の汚れを放置しておくと、その内排水管が詰まっていまいます。 配管内部の汚れが固まって、家庭用パイプクリーナーが効かなくなる前に、定期的に配管の掃除をしましょう。

◎排水口・配管のにおいの原因

1.シンクや浴室の排水口の排水トラップ

排水口に溜まったゴミは、気付いた時に捨てましょう(出来れば毎日)。 最低でも週に1度は表面だけではなく、取り出してきちんとヌメリや汚れを掃除しましょう。 週に1度以上掃除すると、ヌメリや臭いは起きず、掃除も簡単に出来て清潔に保つことができます。

2.排水口下の配管のネジが緩んでいる

排管を設置するネジが緩んでいたりすると、配管の臭いが漏れてきます。 シンク下を開けてみて臭いがするようなら、劣化などにより隙間が空いているかもしれません。

3.Sトラップ部分にヘドロが溜まっている

排水口下の配管は、臭いが上がってこないようにS字になって水が溜まるような構造になっていますが、その部分はゴミが溜まりやすくなっています。 あまり掃除せずにおくと、その部分に臭いヘドロが溜まって悪臭を放つのです。

◎シンク下はきれいに整頓しておく

シンク下のS字の配管(Sトラップ)は、そこに水を溜めることにより排水口に臭いが上がってくることを防ぎます。 そのSトラップは変形しやすいゴムやプラスチックなどで出来ていたりします。

この配管のまわりに荷物を置きすぎると、配管を圧迫して変形してしまい、やがて接続部のネジがゆるんだりして、水漏れや臭いの原因となります。 シンク下の配管のまわりは、整理整頓を心がけ、きれいに保ち、配管に圧力をかけないようにしましょう。

◎家庭用パイプクリーナーを使っても流れが改善しないときは?

何年もかけて排水管内部に溜まった汚れは、固く変質しています。 家庭用のパイプクリーナーは、表面の柔らかい汚れの部分は分解しますが、固く変質した汚れは分解出来ないので、何度か使用しても流れが良くならない場合があります。

その場合、専用ワイヤーで削り取って流れを良くする必要があります。 家庭用のワイヤーは、素人でも扱いやすいように柔らかく出来ています。 なので、頑固な汚れはプロ用の固いワイヤーでないと取れない場合があります。

プロ用のワイヤーは、ホームセンターなどで購入することが出来ますが、素人が扱うと配管を傷めてしまい、配管ごと交換になってしまう恐れがあります。 頑固な汚れの場合、費用を払ってもプロに頼む方が、時間と手間が省けて確実です。

トイレの水が流れない

このページでは、トイレのタンクまわりのトラブルについて紹介していきます。

◎トイレのタンクまわりのトラブル

1.レバーを上げても水が流れない

タンク内部で、レバーからつながっている鎖が外れている可能性があります。 タンクのふたを開けて確認してみましょう。

2.レバーを戻しても水が止まらない

レバーから伸びる鎖や浮き球などの部品が外れている場合があります。 タンクのふたを開けて確認してみましょう。

3.常に水がちょろちょろ流れている

鎖の取り付け位置が違ったり、タンクの水を流れないようにする場所にゴミが挟まっている、ゴムフロートが劣化しているなどの原因が考えられます。 タンク内部を確認して掃除したり部品を交換するなど対処しましょう。

4.タンクから伸びる管から水漏れしている

管を繋ぐ部分のネジが緩んでいたり、内部のパッキンが劣化している可能性があります。 自分で直すことが難しい部分なので、自信がないなら無理せず業者を呼びましょう。

5.トイレの床が濡れていてどこからか水漏れしている

トイレットペーパーを管や便器の設置面に巻いておきましょう。 どこから水漏れしているかわかるはずです。

6.ウォシュレットが壊れたなど…

トイレの水が流れない原因としては大きくこんなところでしょうか。
トイレのタンク内部の仕組みは単純です。 ゴミや水垢で部品がうまく動かずに流れがおかしくなる場合もあります。 また、内部の部品の錆や劣化でトラブルが起きている場合もあります。

◎もしもの時のために…

≪トイレの止水法を確認しておく≫

トイレタンクや付近の器具が壊れて水漏れが生じたり、タンク内の器具が壊れてしまい水漏れが生じると、常に水が流れている状態です。 放っておくと、水道代が跳ね上がってしまいます。

もしもの時のために、トイレの止水方法を確認しておき、トラブルが起きたときにすぐに止めれるようにしておきましょう。

≪その他≫

◉普段から業者を選んでおく

◉連絡先を確認しておく(アパートなどの賃貸の場合は管理会社の電話番号など)

◉保険でカバーできる範囲に水漏れ保障も入れておく

◎水漏れは保険でカバーできる?

意外と知られていないのが、水漏れ事故は保険でカバーできるということです。 マンションなどの場合、共用部分なら管理組合の損害保険でカバーし、専有部分なら、入居者に加入が義務付けされている損害保険などを使います。 アパートなら管理側が負担してくれたり、加入が義務づけられた損害保険でカバーする場合もあります。

一戸建ての場合、水漏れ保険というものはなく、火災保険の保証でカバーすることになります。 火災保険に加入する場合は、保証内容をよく確認して加入しましょう。 中には自動車保険や損害保険などにも水漏れがカバーできる保証内容もあります。

◎タンクに余計なものを入れない

水道代の節約になるからと、タンク内部に2リットルのペットボトルを入れる方がいます。 しかし、タンクは何も入れない場合で設計してありますし、ペットボトルが中で動いて、部品の動きを邪魔してうまく流れなくなることがあります。 タンク内部には何も入れずに、定期的に掃除して長く使えるようにしましょう。

トイレの水があふれる

毎日家族が使うトイレは、水漏れや詰まりが起きやすい設備のひとつです。 その数あるトラブルの中でも、「トイレの詰まり」について考えていきます。

◎大切なものを便器に落とした

1.水を流してはいけません

パンツの後ろポケットに入れていた財布や携帯電話などを、便器に落としてしまうことはよくあります。 その時、あきらめて水を流してしまうのはよくありません。 そのまま流してしまうと配管の奥で詰まってしまい、大々的な工事になる恐れもありますし、環境にもよくありません。

2.勇気を出して手で拾う

その時は勇気を出して便器に手を入れて拾いましょう。 流していなければ、見えなくても拾う事はできます。 手を入れても見つからない場合、便器の底に鏡を沈めて確認してみると良いです。 男性なら、手の小さなお子さんや女性に頼んで拾ってもらうこともできます。

3.業者に依頼する

家庭の場合、拾えなれば金属の道具を使って拾うことはお勧めできません。 金属の道具を安易に素人が扱うと、便器や配管を傷つける恐れがあるからです。 また、そのままあきらめて流してしまうと、配管の途中で詰まらせてしまう恐れもあります。

お金や恥を忍んで業者に依頼した場合、一時の恥で済むのですから、依頼しない場合の損失を考えれば安いものなのではないでしょうか?

4.自分でなんとかしてみる
夜や緊急時には業者を待っていられない!そんな状況もあるかもしれません。
今はインターネットの時代ですから簡単に修理方法を探すことができます。
私自身、他にも情報サイトを運営していますが、そういったサイトを見て直す事も可能です。
スマホ片手に、意外とサラッと直せたりしますので、ぜひご活用下さい。

◎詰まった時の対処法

1.とにかく待つ

トイレットペーパーを大量に流してしまい、流れなくなった場合は、時間が経てばトイレットペーパーが溶けて流れる場合もあります。 トイレを使ったら汚物以外のトイレットペーパーは、便器に入れないようにして一晩様子をみましょう。

一晩そのまま置いておいて、翌朝バケツの水を流してみましょう。 水位が上がらず問題なく流れていくようなら、その後は普段通り使用することができます。

2.ラバーカップ(スッポン)で対処する

水洗トイレの詰まりは、モノを落としてしまった場合以外なら、ほとんどがラバーカップで対処することができます。 ラバーカップは、ホームセンターはもちろんのこと、100円ショップでも購入することができます。 夜中なら、近くのコンビニに電話して在庫があるか聞いてみましょう。

水洗トイレの家庭では、ラバーカップを常備しておくと、とても重宝します。 とくにトイレの使い方があまりわからない、小さなお子さんがいるご家庭では準備しておくと安心です。

3.手を入れて詰まりを取る

これは勇気がいる行動ですが、カーブの部分が詰まっている場合、一発で流れが良くります。

4.アルカリ性洗剤を使う

マジックリンなどのトイレ用アルカリ洗剤を流すのも効果があると言われています。 洗剤はニオイも解消してくれるから良いですね。

◎してはいけないこと

1.金属の器具を使う

金属の金束子などを無理に突っ込んでかき混ぜると、便器や配管を破損してしまい、そこから水漏れが生じてしまい、何倍もの費用がかかってしまう恐れがあります。 使い慣れていない道具は設備を破損させる恐れがあるので、なるべく避けた方が良いでしょう。

2.熱湯を流す

トイレットペーパーが詰まってしまった時、なんとかしようと思って熱湯を便器に流して紙や汚物を溶かそうとする方がいます。 ある程度温度が下がってからお湯を流すことは問題がないのですが、熱湯を流した場合、便器が割れてしまったり、配管が変形して水漏れが起きる恐れがあります。