アフターフォローの有無をチェックする

水回りの修理業者に依頼する場合、信頼できる業者を探すための選び方のひとつとして、「アフターフォロー」と「保証内容」が重要です。 どういうことなのか見ていきましょう。

◎水回り修理業者のアフターフォロー

1.お客様相談センターの設置

数十万円の工事代金を払った場合には、定期的なアフターフォーローをしてくれる業者はありがたいです。 しかし、タンクの部品交換を頼んだだけなど、簡単な内容のものならば、電話を何度もかけてこられると、逆にうっとうしいですよね。

しかし、直してもらっても調子が悪い場合もありますから、もしもの時に対応してもらわなければなりません。 そんな時に便利なのが、「お客様相談センター」のような、クレーム対応の部門があることです。

2.定期的な電話でのお伺いや点検の実施

工事後は問題なく使用できているか、こちらからでなく、業者の方からお伺いの電話がもらえると、ちょっとしたことであっても言いやすいですよね。

こちらからわざわざ電話するほどでもないし、電話するのはクレーマーみたいでちょっと…という人でも、 向こうから電話が来て”その後調子はどうですか?変わったところはないですか?”と、 工事後1週間・1ヶ月・3ヶ月・半年など定期的に様子を伺い、 もしもの時は修理し直してくれるようなアフターフォローがしっかりした業者を選びましょう。

また、工事が数十万円から100万円を超えるような高額の場合は、定期的に家に訪問して動作確認をしてくれるような業者も多くあります。 高額な工事の場合は、適当な工事をされたらたまったもんじゃあないですから、アフター保証がしっかりしている業者を選びましょう。

◎水回り修理業者のアフター保証

1.メーカーの保証

給水設備・蛇口・トイレタンク・便器・温水便座・洗濯機など、設備機器には必ずメーカー保証期間があり、万が一その保証期間内に故障した場合、無料で修理や交換してくれるサービスです。 保証期間は1年~2年ほどですが、日本製の設備機器の耐用年数はその10倍もありますから優秀です。

また、このメーカー保証は日本独自のサービスといえます。 海外ではこんなに手厚いサービスは有り得ないのです。

2.業者独自の保証

設備ではなく、施工面に問題があって水漏れなどの事故が起きた場合は、メーカーの保証内容では修理してもらえません。 業者独自にアフター保証がある場合には、無料で施工し直してもらえるのです。

≪保証有ではなく、業者独自に保証があるところを選ぶ≫

”保証があるので安心!”と書いてある業者に依頼したのに、実際はメーカー保証しかなくて、施工をやり直してもらえなかった… なんてことがあります。

設備には何でもメーカー保証期間があります。 しかし、それを設置するのは施工業者です。施工に問題があっても、メーカーの設備に問題がないのなら、施工をやり直す費用はもってくれません。

施工面は施工業者にやり直してもらうか、新たに違う業者に依頼するしか方法はありません。 水回りの修理業者を選ぶ際には、施工業者独自に保証がある業者を選びましょう。