タグ別アーカイブ: ゴキブリ

エアコン(クーラー)の水漏れ

エアコンを付けたら水がポタポタポタ… ”下にあったテレビが故障した!” なんてこと、良く聞きます。

エアコンはどうして水漏れが起きるのでしょう? その原因と対処方法を見ていきましょう。

◎エアコンから水漏れする原因

1.ドレンホースにゴミが詰まっている

ドレンホースは、エアコン本体から出る水分を、室内から室外へ排出する蛇腹のホースです。 室外機の付近に排出されるようになっています。

エアコンから水が漏れてきたら、電源を止めて室外機のドレンホースの口を確認してみましょう。 ゴミなど詰まっていないか確認します。入口になくても、ホースの途中に詰まっている(虫などが途中で死んでいる場合も)場合もあります。

※掃除機を使う時は注意が必要:

ドレンホースに詰まったゴミや埃を取り除くのに、掃除機を使っておこなう場合が多いと思います。 しかし、ゴミが大量の水をせき止めている場合、ゴミが取れると同時に、掃除機に大量の水が流れ込んできてしまい、掃除機が故障する恐れがあります。

掃除機は乾いた状態で使うのが良いのですが、濡れていて無理そうなら、ホームセンター等で「ドレンホースクリーナー」を買ってきましょう。 ドレンホースクリーナーは、別のアタッチメントを付ければ、排水口やトイレの詰まりにも対処することが出来るので、備えておくと何かと便利です。

2.エアコンが傾いて設置してある

エアコンの内部は、パネル内部のフィルターを外すと熱交換器(細かくフィンが付いたもの)があり、下に水を溜める受け皿があります。 この受け皿に溜まった水を、ドレンホースから外に排出するのですが、エアコンが部屋側に傾いて設置されていると、ドレンホースに流れていかずに部屋側に水が落ちてきてしまうのです。 エアコンが傾いて設置されていないか、確認してみましょう。

3.エアコンの設置状態がおかしいので、水が逆流している

4.室外の配管から雨水が室内に侵入してくる

5.排水経路に、ゴミや埃・その他(カビなどの菌が増殖したスライム)が詰まっている

6.冷えすぎて、結露が起きて水滴が落下してくる

7.ガス不足だと、熱交換器に霜が付着して水漏れする

◎エアコン掃除で水漏れの原因も解消

エアコン内部のゴミや埃・スライムなど、掃除する業者が多くあります。 エアコン掃除は、排水経路を塞ぐ心配がなくなる他にも、臭いがなくなる・アレル物質の心配がなくなる・電気代が安くなる・冷房効率が上がる(涼しくなる)など、様々な効果があります。

◎無理せず業者を呼ぶことも大切

業者を呼ぶと、出張費だけで数千円は取られてしまい、修理費も含めると1万円超える場合だってあります。 しかし、費用をケチって掃除機をダメにしたり、道具をホームセンターに買いに行ったり、ネットで修理方法を検索したりと、試行錯誤する時間と労力などを考えれば、短時間で確実に直してもらえる専門業者に依頼することもアリなのではないでしょうか?

◎エアコンからゴキブリが!

ドレンホースは外に繋がっているので、ホースの口から虫が侵入することはよくあります。 ホースの口が湿った場所にあったり、草むらであったり、集合住宅のベランダである場合など、ドレンホースを伝ってエアコンから室内にゴキブリが侵入することがあります。

対処法としては、ドレンホースの口を防虫ネットで塞ぐ・壁のエアコンのホース穴の隙間をパテで埋める・エアコンに殺虫剤をかける・ミントオイルのスプレーをかける(害虫が嫌う)、そして最後は部屋中バルサンです。