タグ別アーカイブ: 使用水量

水道料金や使用水量が高く感じる

1~2ヶ月に1度、上下水道料金の請求書が届くと思います。 正月やお盆で親せきが多く集まったときなどは、水道料金が高額になって驚いてしまいます。 また、夏はビニールプールや洗車、冬は凍結防止に夜は水道を少しだけ出しておくなど、季節や地域によっても水道料金は違ってきます。

しかし、何の心当たりもないのに、水道料金が急に跳ね上がることがあります。 そういった場合、家のどこかしらから水漏れが発生している場合があります。

もしもどこかで水漏れが生じている場合、放っておくと、余分な水道料金を支払うだけでなく、壁の中で水漏れが発生している場合、家の強度にも関わってきてしまいます。 いつもと違う使用水量・水道料金の場合、確認してみましょう。

◎水漏れの確認方法

家のどこかで水漏れが発生している場合、水道メーターが少しづつ回っています。 家の中にある水道の蛇口が閉まっているのを確認し、トイレ・洗濯機・キッチン・浴室など、どこも使ってない状態で水道メーターが回っていないか確認しましょう。

どこも使っていないにもかかわらず、メーターが動いているようなら、家のどこかで水漏れが起きている可能性があります。 先月に比べて水道料金が高すぎると感じたら、一度確認してみましょう。

◎メーターが常にまわっていたら?

どこから水漏れが生じているか、家じゅうの蛇口を確認しましょう。 キッチン・浴室・洗面所・洗濯機・トイレ・2階・外など、蛇口から水漏れしてないか確認します。

また、トイレの便器にある水は、波打ってないでしょうか? 波打っているということは、水が流れているということです。

それでも原因がわからない場合、蛇口付近の天井・壁・床は濡れてないでしょうか? そこから家じゅうの天井・壁・床に拡大して探してみましょう。

◎水漏れ事故での水道料金の助成金

家の給水設備から水漏れがある場合、水道料金が高額になる場合があります。

わたしの場合ですが、アパートに越して最初の水道料金の検針の時、検針に来たおじさんに、「水道料金が異常ですが、どこか水漏れしている恐れがあります。今水道を使っていますか?」と言われました。 確認してみると、トイレタンクが故障していて、常にチョロチョロと水が流れている状態でした。

大家さんに相談すると、”引越す前から故障していたのだう”ということで、新しいタンクを取り付けてくれました。 取り付け費用は大家さん持ちで、水道料金も数千円戻ってきました。 それでも高い水道料金は、次の月の本来の水道料金との差額を、大家さんが補てんしてくれました。

また、住んでいる地域によって、給水設備・排水設備の工事費用の助成金が出る場合もあるようなので、お住まいの役所のホームページで確認してみましょう。

≪水道料金が減免される条件≫

1.その水道局が管轄している地域に住んでいる

2.漏水の原因に応じてその都度協議され、助成金額が決定する

3.そこの水道局の指定工事店で修理をおこなった