タグ別アーカイブ: 備えておく

トイレのメンテナンス

トイレは排尿・排便という人間の生理現象において、1日に何度も利用する大切な設備です。 生活していくうえで、大切なトイレが水漏れなどのトラブルになると、とても大変です。 しかし、ヘビーに使う設備だからこそ、劣化や故障などのトラブルが多い設備でもあります。

◎トイレのトラブル例

1.レバーが下がっているのに水が止まらない

2.レバーがぶらぶらしていつまでもタンクに水が溜まらない(水が流れっぱなし)

3.タンクやその管から水漏れしている

4.床から水が染み出してくる

5.トイレの設置面から悪臭がする

6.水が流れていかない(詰まった)

7.大切なものをトイレに流してしまった

8.ウォシュレットが故障した

9.トイレの水栓が凍結したなど…

◎もしもの時のために普段から用意しておくこと

1.ラバーカップを用意しておく

水洗トイレは1度に多くのトイレットペーパーを流すと、すぐに詰まってしまいます。 水流の弱いトイレなら尚更です。 ラバーカップ(スッポン)を一つ準備しておくと、もしもトイレが詰まってしまった時でも、すぐに対処することができます。

2.止水方法をおぼえておく

トイレが流れっぱなしになると、水道代はどんどん上がってしまいます。 トイレの水栓の止水方法が分かっていると、直るまで止水しておいたり、修理中に水を止めておくことができます。

止水はトイレでおこなうことが出来ます。 分からない場合は家の止水栓を止めることで水漏れは止まりますが、そうすると家じゅうの水道が使えなくなってしまうので、できればトイレのみ止水する方法を確認しておきましょう。

夜中に突然トラブルが起きても、止水方法が分かれば、朝まで待って業者を呼ぶこともできるのです。 夜中に業者を呼ぶと、時間外料金などいろんな費用がかかってしまいますからね。

3.普段から業者を選んでおく

急にトラブルに見舞われた場合、焦ってしまい、電話がつながった業者にあまり深く考えずに依頼してしまいがちです。 しかし、焦っている時に業者を決めてしまうと、普通より高い修理費を請求されたり、最悪悪徳業者の場合もあるのです。 普段から業者を決めておくと、いろいろな業者を比較してじっくり選定することが出来るのです。

◎トラブル時の注意点

≪無理して自分で修理しようとしない≫

トイレのタンクの水漏れなどは、ホームセンターで部品を買ってこれば、千円以内で簡単に安く修理することができます。 しかし、原因がわからない場合などに、自分で何とかしようとして修理しようとするのはおススメできません、

余計な事をしてしまい、かえって修理費用がかかってしまう場合もあります。 わからない・自信がない・修理する時間がないなどの場合は、費用をケチらず業者に依頼しましょう。 業者に頼めば、自分で直すより早く確実にきれいに直すことが出来ます。