タグ別アーカイブ: 壁

壁や床から水漏れしている

アパートやマンション・一戸建ての壁・床・天井から水漏れがあった場合、原因がわからずパニックになりがちです。 突然のトラブルにも、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。
まずは、水漏れを発見してしまった時の対処方法知っておくと良いでしょう。具体的な修理の方法は別運営サイトで詳しく紹介していますので、そちらをご覧頂くとして、このページでは大まなか場所と原因を記載致します。

◎天井・壁・床から水漏れする原因

≪屋根や外壁から雨が侵入してくる≫

屋根や外壁から雨水が侵入してきて、家の内部に浸み込んできています。 外壁や屋根材を修理して、壁の内部を除菌・乾燥する必要があります。

≪給水管から水漏れしている≫

給水管の老朽化により、つなぎ目から水が漏れてきます。 築10年を過ぎると、設備機器の老朽化による不具合が発生してきます。

≪排水管から水漏れしている≫

配管の老朽化による水漏れや、配管の詰まりにより、配管に圧力がかかりつなぎ目から水漏れしている場合などがあります。 配管を修理後、配管の清掃や水漏れ箇所の建材の除菌と乾燥が必要です。

◎壁・床・天井からの水漏れの対処法

まず水分を拭き取って、耳をあてて水の音を聞きましょう。 そして、常に水が漏れてくるか(給水管の漏れ)、一定の時間にもれてくるか(配管の漏れ)、雨の日に漏れるかなどを確認しましょう。

それを踏まえて、アパートなら大家さん、一戸建てなら専門業者に相談・連絡しましょう。 この手の修理は、壁の内部なので、素人が手を出すと、かえって状況を悪化させてしまう恐れがあります。

◎保険で賄うことが可能

壁の内部の水漏れは、業者に頼むため、費用が高額になる場合が多くなります。 住宅の水漏れ保険はありませんが、火災保険の保証で水漏れ事故をカバーすることができます。

火災保険に加入する時は、水漏れもカバーできるものに加入しましょう。 マンションの場合は、共有部分なら管理組合の損害保険、専有部分なら加入が義務づけられた損害保険でカバーできます。 アパートの場合は、大家さんに相談しましょう。

◎修理後は乾燥・除菌が重要

水漏れ箇所を修理したあと、そのまま壁を塞いではいけません。 壁が濡れたまま放置してしまうと、材用が波打ったり反って変形したり、カビが発生して変色したりします。

修理後は、除菌・乾燥をおこなってから壁を塞ぐと、時間が経ってもそのまま変形・変色せずに過ごすことができます。 特に配管の水漏れの場合、除菌しないと変色や悪臭に悩まされることになります。

◎そのまま放置しておくのはダメ!

≪アパートの場合≫

アパートの床・天井・壁からの水漏れは、よほど住人の住み方に変わったところがない場合、大家さんが修理費用を負担してくれます。 しかし、水漏れに気づきながら長期間放置していると、被害が拡大し、修理費用も高額になります。

そうなると、放置していた責任を追及される恐れもあります。 水漏れに気づいたら、早めに大家さんに相談しましょう。

≪一戸建ての場合≫

水漏れをそのまま放置しておくと、きれいな給水管の水であっても、壁や天井・床材が水分を含み、ふやけて波打ちます。 また、1~2ヶ月程度(季節や環境による)経過すると、カビや黒ずみが発生し、そのうち腐ってしまいます。

家の柱や土台に水が浸みこむと、家の強度が弱くなるどころか、シロアリを誘引してしまい、大規模な被害になってしまいます。 水漏れを見つけたら、早めに対処すれば、そのまま乾燥させれば元のきれいな状態で使うことができます。