タグ別アーカイブ: 対処法

蛇口の修理

蛇口からの水漏れの場合、ホームセンターで部品を簡単に手に入れることができますし、素人でも比較的容易に修理することができます。 修理の方法を絵付きで説明したサイトや、修理しているところを紹介した動画もあるので、業者に依頼せず自分で修理する人は多くいます。

蛇口の水漏れや修理について知識を得ておき、突然のトラブルの場合でも落ち着いて対処できるようにしましょう。

◎蛇口から水漏れしていたら…

アパートなどの賃貸物件の場合→大家さんに連絡して対処法を相談する、 マンション・一戸建て等の新築物件なら→保証期間であれば施工業者やメーカーに確認する、 などです。

その他は水漏れの種類によって対処しましょう。 蛇口は、メーカーによっては製造が終了しているものもあるので、まったく同じタイプを付けれるとは限りませんが、規格が同じタイプのものは多く販売されているので、製造が終了しているものでも大丈夫です。

◎水漏れの種類

1.蛇口から漏れる

ハンドルの下から水漏れ→ナット下の三角パッキンの劣化、 パイプの付け根から水漏れ→水栓とナットを繋ぐナットの緩みかパッキンの劣化、 ハンドルを閉めても蛇口から水漏れする→蛇口内部のコマパッキンの摩耗です。

しかし、蛇口自体が古くなった場合、金属の摩耗で内部の部品を交換しても水漏れが直らない場合があります。 古い蛇口の場合は、部品の交換よりも蛇口を新しいものに変えたほうが、耐用年数も伸びますし安心です。

2.蛇口の付け根部分から漏れる

蛇口を壁に取り付けている部分は、水栓部分にシールを巻いて給水管にねじ込んでいますが、このシールが古くなると水漏れが生じてしまいます。 新たにシールテープを巻き直して取り付ける必要があります。

蛇口の付け根部分は、きちんと取り付けないと、水漏れだけでは済まずに蛇口ごと外れて、水が滝のようにあふれてしまう場合があります。 自信がない場合は、業者に依頼した方が、修理の手間と時間を節約できるだけではなく、きれいな仕上がりで確実に直しえもらえるので、修理後も安心して使えます。

≪作業に必要な道具≫

1.新しい蛇口や部品

2.シールテープ

3.水栓取外しレンチ

4.プラスドライバー

5.ピンセット

など…

◎自分で修理する時の注意点

≪止水栓を閉めて作業する≫

蛇口を修理する基本は、「必ず止水栓を閉めて作業すること」です。 キッチンやトイレの止水栓は近くにあることが多いですが、家じゅうの水道を止める止水栓を閉めれば、安心して作業することができます。

≪無理そうだと思ったら業者に依頼する≫

中途半端に修理すると、”夜中に部品が外れて家じゅう水浸し…”なんて大惨事になる恐れもあります。 修理に自信がないなら、ケチらずに業者に依頼したほうが、結局はその後も安心して長く使うことができます。

壁や床から水漏れしている

アパートやマンション・一戸建ての壁・床・天井から水漏れがあった場合、原因がわからずパニックになりがちです。 突然のトラブルにも、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。
まずは、水漏れを発見してしまった時の対処方法知っておくと良いでしょう。具体的な修理の方法は別運営サイトで詳しく紹介していますので、そちらをご覧頂くとして、このページでは大まなか場所と原因を記載致します。

◎天井・壁・床から水漏れする原因

≪屋根や外壁から雨が侵入してくる≫

屋根や外壁から雨水が侵入してきて、家の内部に浸み込んできています。 外壁や屋根材を修理して、壁の内部を除菌・乾燥する必要があります。

≪給水管から水漏れしている≫

給水管の老朽化により、つなぎ目から水が漏れてきます。 築10年を過ぎると、設備機器の老朽化による不具合が発生してきます。

≪排水管から水漏れしている≫

配管の老朽化による水漏れや、配管の詰まりにより、配管に圧力がかかりつなぎ目から水漏れしている場合などがあります。 配管を修理後、配管の清掃や水漏れ箇所の建材の除菌と乾燥が必要です。

◎壁・床・天井からの水漏れの対処法

まず水分を拭き取って、耳をあてて水の音を聞きましょう。 そして、常に水が漏れてくるか(給水管の漏れ)、一定の時間にもれてくるか(配管の漏れ)、雨の日に漏れるかなどを確認しましょう。

それを踏まえて、アパートなら大家さん、一戸建てなら専門業者に相談・連絡しましょう。 この手の修理は、壁の内部なので、素人が手を出すと、かえって状況を悪化させてしまう恐れがあります。

◎保険で賄うことが可能

壁の内部の水漏れは、業者に頼むため、費用が高額になる場合が多くなります。 住宅の水漏れ保険はありませんが、火災保険の保証で水漏れ事故をカバーすることができます。

火災保険に加入する時は、水漏れもカバーできるものに加入しましょう。 マンションの場合は、共有部分なら管理組合の損害保険、専有部分なら加入が義務づけられた損害保険でカバーできます。 アパートの場合は、大家さんに相談しましょう。

◎修理後は乾燥・除菌が重要

水漏れ箇所を修理したあと、そのまま壁を塞いではいけません。 壁が濡れたまま放置してしまうと、材用が波打ったり反って変形したり、カビが発生して変色したりします。

修理後は、除菌・乾燥をおこなってから壁を塞ぐと、時間が経ってもそのまま変形・変色せずに過ごすことができます。 特に配管の水漏れの場合、除菌しないと変色や悪臭に悩まされることになります。

◎そのまま放置しておくのはダメ!

≪アパートの場合≫

アパートの床・天井・壁からの水漏れは、よほど住人の住み方に変わったところがない場合、大家さんが修理費用を負担してくれます。 しかし、水漏れに気づきながら長期間放置していると、被害が拡大し、修理費用も高額になります。

そうなると、放置していた責任を追及される恐れもあります。 水漏れに気づいたら、早めに大家さんに相談しましょう。

≪一戸建ての場合≫

水漏れをそのまま放置しておくと、きれいな給水管の水であっても、壁や天井・床材が水分を含み、ふやけて波打ちます。 また、1~2ヶ月程度(季節や環境による)経過すると、カビや黒ずみが発生し、そのうち腐ってしまいます。

家の柱や土台に水が浸みこむと、家の強度が弱くなるどころか、シロアリを誘引してしまい、大規模な被害になってしまいます。 水漏れを見つけたら、早めに対処すれば、そのまま乾燥させれば元のきれいな状態で使うことができます。

エアコン(クーラー)の水漏れ

エアコンを付けたら水がポタポタポタ… ”下にあったテレビが故障した!” なんてこと、良く聞きます。

エアコンはどうして水漏れが起きるのでしょう? その原因と対処方法を見ていきましょう。

◎エアコンから水漏れする原因

1.ドレンホースにゴミが詰まっている

ドレンホースは、エアコン本体から出る水分を、室内から室外へ排出する蛇腹のホースです。 室外機の付近に排出されるようになっています。

エアコンから水が漏れてきたら、電源を止めて室外機のドレンホースの口を確認してみましょう。 ゴミなど詰まっていないか確認します。入口になくても、ホースの途中に詰まっている(虫などが途中で死んでいる場合も)場合もあります。

※掃除機を使う時は注意が必要:

ドレンホースに詰まったゴミや埃を取り除くのに、掃除機を使っておこなう場合が多いと思います。 しかし、ゴミが大量の水をせき止めている場合、ゴミが取れると同時に、掃除機に大量の水が流れ込んできてしまい、掃除機が故障する恐れがあります。

掃除機は乾いた状態で使うのが良いのですが、濡れていて無理そうなら、ホームセンター等で「ドレンホースクリーナー」を買ってきましょう。 ドレンホースクリーナーは、別のアタッチメントを付ければ、排水口やトイレの詰まりにも対処することが出来るので、備えておくと何かと便利です。

2.エアコンが傾いて設置してある

エアコンの内部は、パネル内部のフィルターを外すと熱交換器(細かくフィンが付いたもの)があり、下に水を溜める受け皿があります。 この受け皿に溜まった水を、ドレンホースから外に排出するのですが、エアコンが部屋側に傾いて設置されていると、ドレンホースに流れていかずに部屋側に水が落ちてきてしまうのです。 エアコンが傾いて設置されていないか、確認してみましょう。

3.エアコンの設置状態がおかしいので、水が逆流している

4.室外の配管から雨水が室内に侵入してくる

5.排水経路に、ゴミや埃・その他(カビなどの菌が増殖したスライム)が詰まっている

6.冷えすぎて、結露が起きて水滴が落下してくる

7.ガス不足だと、熱交換器に霜が付着して水漏れする

◎エアコン掃除で水漏れの原因も解消

エアコン内部のゴミや埃・スライムなど、掃除する業者が多くあります。 エアコン掃除は、排水経路を塞ぐ心配がなくなる他にも、臭いがなくなる・アレル物質の心配がなくなる・電気代が安くなる・冷房効率が上がる(涼しくなる)など、様々な効果があります。

◎無理せず業者を呼ぶことも大切

業者を呼ぶと、出張費だけで数千円は取られてしまい、修理費も含めると1万円超える場合だってあります。 しかし、費用をケチって掃除機をダメにしたり、道具をホームセンターに買いに行ったり、ネットで修理方法を検索したりと、試行錯誤する時間と労力などを考えれば、短時間で確実に直してもらえる専門業者に依頼することもアリなのではないでしょうか?

◎エアコンからゴキブリが!

ドレンホースは外に繋がっているので、ホースの口から虫が侵入することはよくあります。 ホースの口が湿った場所にあったり、草むらであったり、集合住宅のベランダである場合など、ドレンホースを伝ってエアコンから室内にゴキブリが侵入することがあります。

対処法としては、ドレンホースの口を防虫ネットで塞ぐ・壁のエアコンのホース穴の隙間をパテで埋める・エアコンに殺虫剤をかける・ミントオイルのスプレーをかける(害虫が嫌う)、そして最後は部屋中バルサンです。

トイレの水があふれる

毎日家族が使うトイレは、水漏れや詰まりが起きやすい設備のひとつです。 その数あるトラブルの中でも、「トイレの詰まり」について考えていきます。

◎大切なものを便器に落とした

1.水を流してはいけません

パンツの後ろポケットに入れていた財布や携帯電話などを、便器に落としてしまうことはよくあります。 その時、あきらめて水を流してしまうのはよくありません。 そのまま流してしまうと配管の奥で詰まってしまい、大々的な工事になる恐れもありますし、環境にもよくありません。

2.勇気を出して手で拾う

その時は勇気を出して便器に手を入れて拾いましょう。 流していなければ、見えなくても拾う事はできます。 手を入れても見つからない場合、便器の底に鏡を沈めて確認してみると良いです。 男性なら、手の小さなお子さんや女性に頼んで拾ってもらうこともできます。

3.業者に依頼する

家庭の場合、拾えなれば金属の道具を使って拾うことはお勧めできません。 金属の道具を安易に素人が扱うと、便器や配管を傷つける恐れがあるからです。 また、そのままあきらめて流してしまうと、配管の途中で詰まらせてしまう恐れもあります。

お金や恥を忍んで業者に依頼した場合、一時の恥で済むのですから、依頼しない場合の損失を考えれば安いものなのではないでしょうか?

4.自分でなんとかしてみる
夜や緊急時には業者を待っていられない!そんな状況もあるかもしれません。
今はインターネットの時代ですから簡単に修理方法を探すことができます。
私自身、他にも情報サイトを運営していますが、そういったサイトを見て直す事も可能です。
スマホ片手に、意外とサラッと直せたりしますので、ぜひご活用下さい。

◎詰まった時の対処法

1.とにかく待つ

トイレットペーパーを大量に流してしまい、流れなくなった場合は、時間が経てばトイレットペーパーが溶けて流れる場合もあります。 トイレを使ったら汚物以外のトイレットペーパーは、便器に入れないようにして一晩様子をみましょう。

一晩そのまま置いておいて、翌朝バケツの水を流してみましょう。 水位が上がらず問題なく流れていくようなら、その後は普段通り使用することができます。

2.ラバーカップ(スッポン)で対処する

水洗トイレの詰まりは、モノを落としてしまった場合以外なら、ほとんどがラバーカップで対処することができます。 ラバーカップは、ホームセンターはもちろんのこと、100円ショップでも購入することができます。 夜中なら、近くのコンビニに電話して在庫があるか聞いてみましょう。

水洗トイレの家庭では、ラバーカップを常備しておくと、とても重宝します。 とくにトイレの使い方があまりわからない、小さなお子さんがいるご家庭では準備しておくと安心です。

3.手を入れて詰まりを取る

これは勇気がいる行動ですが、カーブの部分が詰まっている場合、一発で流れが良くります。

4.アルカリ性洗剤を使う

マジックリンなどのトイレ用アルカリ洗剤を流すのも効果があると言われています。 洗剤はニオイも解消してくれるから良いですね。

◎してはいけないこと

1.金属の器具を使う

金属の金束子などを無理に突っ込んでかき混ぜると、便器や配管を破損してしまい、そこから水漏れが生じてしまい、何倍もの費用がかかってしまう恐れがあります。 使い慣れていない道具は設備を破損させる恐れがあるので、なるべく避けた方が良いでしょう。

2.熱湯を流す

トイレットペーパーが詰まってしまった時、なんとかしようと思って熱湯を便器に流して紙や汚物を溶かそうとする方がいます。 ある程度温度が下がってからお湯を流すことは問題がないのですが、熱湯を流した場合、便器が割れてしまったり、配管が変形して水漏れが起きる恐れがあります。