タグ別アーカイブ: 水漏れ

水道料金や使用水量が高く感じる

1~2ヶ月に1度、上下水道料金の請求書が届くと思います。 正月やお盆で親せきが多く集まったときなどは、水道料金が高額になって驚いてしまいます。 また、夏はビニールプールや洗車、冬は凍結防止に夜は水道を少しだけ出しておくなど、季節や地域によっても水道料金は違ってきます。

しかし、何の心当たりもないのに、水道料金が急に跳ね上がることがあります。 そういった場合、家のどこかしらから水漏れが発生している場合があります。

もしもどこかで水漏れが生じている場合、放っておくと、余分な水道料金を支払うだけでなく、壁の中で水漏れが発生している場合、家の強度にも関わってきてしまいます。 いつもと違う使用水量・水道料金の場合、確認してみましょう。

◎水漏れの確認方法

家のどこかで水漏れが発生している場合、水道メーターが少しづつ回っています。 家の中にある水道の蛇口が閉まっているのを確認し、トイレ・洗濯機・キッチン・浴室など、どこも使ってない状態で水道メーターが回っていないか確認しましょう。

どこも使っていないにもかかわらず、メーターが動いているようなら、家のどこかで水漏れが起きている可能性があります。 先月に比べて水道料金が高すぎると感じたら、一度確認してみましょう。

◎メーターが常にまわっていたら?

どこから水漏れが生じているか、家じゅうの蛇口を確認しましょう。 キッチン・浴室・洗面所・洗濯機・トイレ・2階・外など、蛇口から水漏れしてないか確認します。

また、トイレの便器にある水は、波打ってないでしょうか? 波打っているということは、水が流れているということです。

それでも原因がわからない場合、蛇口付近の天井・壁・床は濡れてないでしょうか? そこから家じゅうの天井・壁・床に拡大して探してみましょう。

◎水漏れ事故での水道料金の助成金

家の給水設備から水漏れがある場合、水道料金が高額になる場合があります。

わたしの場合ですが、アパートに越して最初の水道料金の検針の時、検針に来たおじさんに、「水道料金が異常ですが、どこか水漏れしている恐れがあります。今水道を使っていますか?」と言われました。 確認してみると、トイレタンクが故障していて、常にチョロチョロと水が流れている状態でした。

大家さんに相談すると、”引越す前から故障していたのだう”ということで、新しいタンクを取り付けてくれました。 取り付け費用は大家さん持ちで、水道料金も数千円戻ってきました。 それでも高い水道料金は、次の月の本来の水道料金との差額を、大家さんが補てんしてくれました。

また、住んでいる地域によって、給水設備・排水設備の工事費用の助成金が出る場合もあるようなので、お住まいの役所のホームページで確認してみましょう。

≪水道料金が減免される条件≫

1.その水道局が管轄している地域に住んでいる

2.漏水の原因に応じてその都度協議され、助成金額が決定する

3.そこの水道局の指定工事店で修理をおこなった

壁や床から水漏れしている

アパートやマンション・一戸建ての壁・床・天井から水漏れがあった場合、原因がわからずパニックになりがちです。 突然のトラブルにも、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。
まずは、水漏れを発見してしまった時の対処方法知っておくと良いでしょう。具体的な修理の方法は別運営サイトで詳しく紹介していますので、そちらをご覧頂くとして、このページでは大まなか場所と原因を記載致します。

◎天井・壁・床から水漏れする原因

≪屋根や外壁から雨が侵入してくる≫

屋根や外壁から雨水が侵入してきて、家の内部に浸み込んできています。 外壁や屋根材を修理して、壁の内部を除菌・乾燥する必要があります。

≪給水管から水漏れしている≫

給水管の老朽化により、つなぎ目から水が漏れてきます。 築10年を過ぎると、設備機器の老朽化による不具合が発生してきます。

≪排水管から水漏れしている≫

配管の老朽化による水漏れや、配管の詰まりにより、配管に圧力がかかりつなぎ目から水漏れしている場合などがあります。 配管を修理後、配管の清掃や水漏れ箇所の建材の除菌と乾燥が必要です。

◎壁・床・天井からの水漏れの対処法

まず水分を拭き取って、耳をあてて水の音を聞きましょう。 そして、常に水が漏れてくるか(給水管の漏れ)、一定の時間にもれてくるか(配管の漏れ)、雨の日に漏れるかなどを確認しましょう。

それを踏まえて、アパートなら大家さん、一戸建てなら専門業者に相談・連絡しましょう。 この手の修理は、壁の内部なので、素人が手を出すと、かえって状況を悪化させてしまう恐れがあります。

◎保険で賄うことが可能

壁の内部の水漏れは、業者に頼むため、費用が高額になる場合が多くなります。 住宅の水漏れ保険はありませんが、火災保険の保証で水漏れ事故をカバーすることができます。

火災保険に加入する時は、水漏れもカバーできるものに加入しましょう。 マンションの場合は、共有部分なら管理組合の損害保険、専有部分なら加入が義務づけられた損害保険でカバーできます。 アパートの場合は、大家さんに相談しましょう。

◎修理後は乾燥・除菌が重要

水漏れ箇所を修理したあと、そのまま壁を塞いではいけません。 壁が濡れたまま放置してしまうと、材用が波打ったり反って変形したり、カビが発生して変色したりします。

修理後は、除菌・乾燥をおこなってから壁を塞ぐと、時間が経ってもそのまま変形・変色せずに過ごすことができます。 特に配管の水漏れの場合、除菌しないと変色や悪臭に悩まされることになります。

◎そのまま放置しておくのはダメ!

≪アパートの場合≫

アパートの床・天井・壁からの水漏れは、よほど住人の住み方に変わったところがない場合、大家さんが修理費用を負担してくれます。 しかし、水漏れに気づきながら長期間放置していると、被害が拡大し、修理費用も高額になります。

そうなると、放置していた責任を追及される恐れもあります。 水漏れに気づいたら、早めに大家さんに相談しましょう。

≪一戸建ての場合≫

水漏れをそのまま放置しておくと、きれいな給水管の水であっても、壁や天井・床材が水分を含み、ふやけて波打ちます。 また、1~2ヶ月程度(季節や環境による)経過すると、カビや黒ずみが発生し、そのうち腐ってしまいます。

家の柱や土台に水が浸みこむと、家の強度が弱くなるどころか、シロアリを誘引してしまい、大規模な被害になってしまいます。 水漏れを見つけたら、早めに対処すれば、そのまま乾燥させれば元のきれいな状態で使うことができます。

エアコン(クーラー)の水漏れ

エアコンを付けたら水がポタポタポタ… ”下にあったテレビが故障した!” なんてこと、良く聞きます。

エアコンはどうして水漏れが起きるのでしょう? その原因と対処方法を見ていきましょう。

◎エアコンから水漏れする原因

1.ドレンホースにゴミが詰まっている

ドレンホースは、エアコン本体から出る水分を、室内から室外へ排出する蛇腹のホースです。 室外機の付近に排出されるようになっています。

エアコンから水が漏れてきたら、電源を止めて室外機のドレンホースの口を確認してみましょう。 ゴミなど詰まっていないか確認します。入口になくても、ホースの途中に詰まっている(虫などが途中で死んでいる場合も)場合もあります。

※掃除機を使う時は注意が必要:

ドレンホースに詰まったゴミや埃を取り除くのに、掃除機を使っておこなう場合が多いと思います。 しかし、ゴミが大量の水をせき止めている場合、ゴミが取れると同時に、掃除機に大量の水が流れ込んできてしまい、掃除機が故障する恐れがあります。

掃除機は乾いた状態で使うのが良いのですが、濡れていて無理そうなら、ホームセンター等で「ドレンホースクリーナー」を買ってきましょう。 ドレンホースクリーナーは、別のアタッチメントを付ければ、排水口やトイレの詰まりにも対処することが出来るので、備えておくと何かと便利です。

2.エアコンが傾いて設置してある

エアコンの内部は、パネル内部のフィルターを外すと熱交換器(細かくフィンが付いたもの)があり、下に水を溜める受け皿があります。 この受け皿に溜まった水を、ドレンホースから外に排出するのですが、エアコンが部屋側に傾いて設置されていると、ドレンホースに流れていかずに部屋側に水が落ちてきてしまうのです。 エアコンが傾いて設置されていないか、確認してみましょう。

3.エアコンの設置状態がおかしいので、水が逆流している

4.室外の配管から雨水が室内に侵入してくる

5.排水経路に、ゴミや埃・その他(カビなどの菌が増殖したスライム)が詰まっている

6.冷えすぎて、結露が起きて水滴が落下してくる

7.ガス不足だと、熱交換器に霜が付着して水漏れする

◎エアコン掃除で水漏れの原因も解消

エアコン内部のゴミや埃・スライムなど、掃除する業者が多くあります。 エアコン掃除は、排水経路を塞ぐ心配がなくなる他にも、臭いがなくなる・アレル物質の心配がなくなる・電気代が安くなる・冷房効率が上がる(涼しくなる)など、様々な効果があります。

◎無理せず業者を呼ぶことも大切

業者を呼ぶと、出張費だけで数千円は取られてしまい、修理費も含めると1万円超える場合だってあります。 しかし、費用をケチって掃除機をダメにしたり、道具をホームセンターに買いに行ったり、ネットで修理方法を検索したりと、試行錯誤する時間と労力などを考えれば、短時間で確実に直してもらえる専門業者に依頼することもアリなのではないでしょうか?

◎エアコンからゴキブリが!

ドレンホースは外に繋がっているので、ホースの口から虫が侵入することはよくあります。 ホースの口が湿った場所にあったり、草むらであったり、集合住宅のベランダである場合など、ドレンホースを伝ってエアコンから室内にゴキブリが侵入することがあります。

対処法としては、ドレンホースの口を防虫ネットで塞ぐ・壁のエアコンのホース穴の隙間をパテで埋める・エアコンに殺虫剤をかける・ミントオイルのスプレーをかける(害虫が嫌う)、そして最後は部屋中バルサンです。

トイレの水が流れない

このページでは、トイレのタンクまわりのトラブルについて紹介していきます。

◎トイレのタンクまわりのトラブル

1.レバーを上げても水が流れない

タンク内部で、レバーからつながっている鎖が外れている可能性があります。 タンクのふたを開けて確認してみましょう。

2.レバーを戻しても水が止まらない

レバーから伸びる鎖や浮き球などの部品が外れている場合があります。 タンクのふたを開けて確認してみましょう。

3.常に水がちょろちょろ流れている

鎖の取り付け位置が違ったり、タンクの水を流れないようにする場所にゴミが挟まっている、ゴムフロートが劣化しているなどの原因が考えられます。 タンク内部を確認して掃除したり部品を交換するなど対処しましょう。

4.タンクから伸びる管から水漏れしている

管を繋ぐ部分のネジが緩んでいたり、内部のパッキンが劣化している可能性があります。 自分で直すことが難しい部分なので、自信がないなら無理せず業者を呼びましょう。

5.トイレの床が濡れていてどこからか水漏れしている

トイレットペーパーを管や便器の設置面に巻いておきましょう。 どこから水漏れしているかわかるはずです。

6.ウォシュレットが壊れたなど…

トイレの水が流れない原因としては大きくこんなところでしょうか。
トイレのタンク内部の仕組みは単純です。 ゴミや水垢で部品がうまく動かずに流れがおかしくなる場合もあります。 また、内部の部品の錆や劣化でトラブルが起きている場合もあります。

◎もしもの時のために…

≪トイレの止水法を確認しておく≫

トイレタンクや付近の器具が壊れて水漏れが生じたり、タンク内の器具が壊れてしまい水漏れが生じると、常に水が流れている状態です。 放っておくと、水道代が跳ね上がってしまいます。

もしもの時のために、トイレの止水方法を確認しておき、トラブルが起きたときにすぐに止めれるようにしておきましょう。

≪その他≫

◉普段から業者を選んでおく

◉連絡先を確認しておく(アパートなどの賃貸の場合は管理会社の電話番号など)

◉保険でカバーできる範囲に水漏れ保障も入れておく

◎水漏れは保険でカバーできる?

意外と知られていないのが、水漏れ事故は保険でカバーできるということです。 マンションなどの場合、共用部分なら管理組合の損害保険でカバーし、専有部分なら、入居者に加入が義務付けされている損害保険などを使います。 アパートなら管理側が負担してくれたり、加入が義務づけられた損害保険でカバーする場合もあります。

一戸建ての場合、水漏れ保険というものはなく、火災保険の保証でカバーすることになります。 火災保険に加入する場合は、保証内容をよく確認して加入しましょう。 中には自動車保険や損害保険などにも水漏れがカバーできる保証内容もあります。

◎タンクに余計なものを入れない

水道代の節約になるからと、タンク内部に2リットルのペットボトルを入れる方がいます。 しかし、タンクは何も入れない場合で設計してありますし、ペットボトルが中で動いて、部品の動きを邪魔してうまく流れなくなることがあります。 タンク内部には何も入れずに、定期的に掃除して長く使えるようにしましょう。