タグ別アーカイブ: 蛇口

蛇口の修理

蛇口からの水漏れの場合、ホームセンターで部品を簡単に手に入れることができますし、素人でも比較的容易に修理することができます。 修理の方法を絵付きで説明したサイトや、修理しているところを紹介した動画もあるので、業者に依頼せず自分で修理する人は多くいます。

蛇口の水漏れや修理について知識を得ておき、突然のトラブルの場合でも落ち着いて対処できるようにしましょう。

◎蛇口から水漏れしていたら…

アパートなどの賃貸物件の場合→大家さんに連絡して対処法を相談する、 マンション・一戸建て等の新築物件なら→保証期間であれば施工業者やメーカーに確認する、 などです。

その他は水漏れの種類によって対処しましょう。 蛇口は、メーカーによっては製造が終了しているものもあるので、まったく同じタイプを付けれるとは限りませんが、規格が同じタイプのものは多く販売されているので、製造が終了しているものでも大丈夫です。

◎水漏れの種類

1.蛇口から漏れる

ハンドルの下から水漏れ→ナット下の三角パッキンの劣化、 パイプの付け根から水漏れ→水栓とナットを繋ぐナットの緩みかパッキンの劣化、 ハンドルを閉めても蛇口から水漏れする→蛇口内部のコマパッキンの摩耗です。

しかし、蛇口自体が古くなった場合、金属の摩耗で内部の部品を交換しても水漏れが直らない場合があります。 古い蛇口の場合は、部品の交換よりも蛇口を新しいものに変えたほうが、耐用年数も伸びますし安心です。

2.蛇口の付け根部分から漏れる

蛇口を壁に取り付けている部分は、水栓部分にシールを巻いて給水管にねじ込んでいますが、このシールが古くなると水漏れが生じてしまいます。 新たにシールテープを巻き直して取り付ける必要があります。

蛇口の付け根部分は、きちんと取り付けないと、水漏れだけでは済まずに蛇口ごと外れて、水が滝のようにあふれてしまう場合があります。 自信がない場合は、業者に依頼した方が、修理の手間と時間を節約できるだけではなく、きれいな仕上がりで確実に直しえもらえるので、修理後も安心して使えます。

≪作業に必要な道具≫

1.新しい蛇口や部品

2.シールテープ

3.水栓取外しレンチ

4.プラスドライバー

5.ピンセット

など…

◎自分で修理する時の注意点

≪止水栓を閉めて作業する≫

蛇口を修理する基本は、「必ず止水栓を閉めて作業すること」です。 キッチンやトイレの止水栓は近くにあることが多いですが、家じゅうの水道を止める止水栓を閉めれば、安心して作業することができます。

≪無理そうだと思ったら業者に依頼する≫

中途半端に修理すると、”夜中に部品が外れて家じゅう水浸し…”なんて大惨事になる恐れもあります。 修理に自信がないなら、ケチらずに業者に依頼したほうが、結局はその後も安心して長く使うことができます。

蛇口から水が漏れる

家庭にある蛇口といえば、

◉キッチン(温度調節機能・シャワーヘッド・浄水機能など)

◉脱衣所(洗面所の温度調節機能やシャワーヘッド・洗濯機の蛇口など)

◉浴室(温度調節機能・シャワーヘッド・カラン・切り替え部分など)

◉トイレ(タンクの給水栓・手洗い場の蛇口など)

◉二階部分(トイレ・洗面所など)

◉外(蛇口・スプリンクラーなど) などなど…

挙げれば数多くあることがわかります。 家庭内の蛇口は、数が多いだけに水漏れなどのトラブルがとても多い設備です。

◎蛇口の修理はほとんどが自分でできる

蛇口部分の水漏れは、

1.蛇口内部のコマやパッキンなどの部品が劣化して起きる場合

2.蛇口本体の金属が摩耗して起きる場合

3.蛇口の取り付け部分が緩くなって起きる場合

があります。

1.の場合、中の部品を交換するだけで簡単に直りますし、簡単な作業なのでホームセンターで部品を買えば数百円程度で費用も済みます。 2.の場合、蛇口自体を交換する必要があります。同じ蛇口でなくとも、サイズが合えば交換可能です。 3.の場合、DIY作業に慣れている方なら自分でおこなうことも可能です。しかし、取り付けがあまいと、その部分から取れて水が滝のようにあふれてしまいます。

実は、多くの場合コマパッキンの緩みが原因であることが多いのです。コマパッキンの場合は、家庭用蛇口の規格は決まっているので、基本的にどれを勝っても間違いはありません。
修理も非常に簡単なので、あえて業者に頼むほどでも無いでしょう。

蛇口の水漏れは、時間がある方やお金をかけたくない方、一人暮らしの方などは、DIYで直すことは可能です。 しかし、家族が多い方や時間がない方、修理に自信のない方などは、お金はかかりますが業者に依頼した方が、早くきれいに確実に直してもらえます。

へたに手を出してしまうと、かえって状況を悪化させてしまい、余計な費用がかかてしまう場合もあります。 構造が複雑で自分で直す自信がないのなら、費用をケチらずに良心的な業者を探した方が良い場合もあるのです。
もし自分でトライをする場合は、こちらのサイトに詳細な修理方法が書いてあるので参考にしてみて下さいな。

◎蛇口にかかる圧力

家庭の水道蛇口をひねると水が出るのは、水道水が圧力により押し出されているからです。 蛇口はその圧力がかかった水道水を止めているので、常に圧力がかかった状態です。

家庭用の給水管には、約0.03メガパスカルの圧力が常にかかっています。 一般的に標高が高い場所は水道の圧力は弱く、標高が低くなると圧力が高くなります。 水道の蛇口を閉めた時に、ドンと音がする(ウォーターハンマー)現象は、この水道管の圧力によるものです。

水道管の延長である家庭用の給水管や蛇口には、使っていなくとも常に圧力がかかった状態であり、何もせずとも劣化していきます。 また、水が入っているので錆など腐食の恐れもあります。

◎蛇口の耐用年数と一般的な寿命

一般的には、新築の住宅の場合、10年を過ぎると水回りを含めたいろいろな設備が劣化して修理する必要が出てきます。 しかし、あくまで目安なので、使用頻度や環境などにより、10年もたない蛇口の場合もあれば、15年経っても使い続けているものもあります。

蛇口は10年を過ぎたあたりから修理が必要になってきて、15年も経てばいつ壊れてもおかしくない状態であることをおぼえておきましょう。